fc2ブログ

なづけおや

震度6の自信

自分を信じられなくなったら、どうする?



気が済むまで待ってみる?

泣き止むまで放っておく?

それともしっぽ巻いて逃げる?



ふふ、自分のことなのにね。



縦にも横にも激しく揺れて

自分か相手かも区別がつかなくなる。



そうなったら、この物語はおしまい。



自信なんてなかったことにしよう。



スポンサーサイト



PageTop

過剰色彩

一言は他人事-秋の色彩


「過剰色彩」


考えすぎなんだよとあなたは言った。
あなたはすこしも問題に向き合っていなかった。


優しすぎるよとあなたは言った。
あなたはも3年間一言もありがとうと言わなかった。


落ち込みすぎだよとあなたは言った。
あなたは真剣に悩んだことなんて一度もなかった。


自由すぎるよとあなたは言った。
あなたはいつも待ち合わせに遅れてやってきた。


がんばりすぎだよとあなたは言った。
あなたが一生懸命何かに打ち込んだ姿なんて見たことなかった。


こだわりすぎなんだよとあなたは言った。
あなたは何をしても三日以上続かないひとだった。


でもね、いくら対照的だからって
ちゃんと見守ってくれてるってことだから。


表と裏が離れられないように
愛情が裏返しになってるだけだから。

PageTop

独り独り

photo:01



ひとりじゃないんだよ、誰かと関わっている限り。

だって、相手の顔が頭に浮かぶでしょ。

ほんとうはひとりになりたいだけ。

ひとりだからって構ってほしいだけ。

一人旅なんて行ってもさ、もう誰かに話したくなってる。

一人カラオケなんて言ってもさ、きっと誰かに聴いてほしがってる。

すぐにわがまま言うんだ。

ひとりぼっちが嫌いなくせに。

PageTop

春の幻

自分にしか見えてない景色がある。まだ誰も救えないかもしれないけど、それはそれは美しい景色なんだよ。
photo:01

PageTop